スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

いつの間にかアコギはひっぱたく楽器に

カテゴリー: music

この間、たまたま飛行機の中でAugust Rushという映画を見た。共に才能にあふれたロック・ミュージシャン(父)とチェロ奏者(母)の間に生まれた天才的な資質を持つ子供が浮浪児となって両親を探す物語。Augustはほとんど初めて触ったギターをエリック・モングレン(↓)ばりに弾きまくる。


実際の演奏(サウンドトラック)はKaki Kingのようだが、映画を観て「嗚呼、マイケル・ヘッジスが亡くなってからもう10年以上も経つのだな」と思った。
今や、スティール弦のアコースティック・ギターでのタッピングやスラッピングは、全然特殊な奏法ではなくなっているようだ(自分にとっては異常に敷居が高くて、全然できない)。

色んな人が派手な演奏を「見せて」いるが、いいなと思ったのはこの方。風貌には既に巨匠の雰囲気もあってそれもよいが実際にはまだ二十歳代。

◎Andy Mckee


あと、もう何やってんだか全くわからないくらいファンキー(?)なのが、フィンランド出身のこの方。

◯Petteri Sariola


チョッパー野郎なこの方も派手。ほとんど打楽器。

◯Justin King


でもやっぱり音楽的に沁みるのはAndyのこの曲。
スポンサーサイト
2008/04/05(土) 12:22 | trackback(0) | comment(5)
前ページ | | 次ページ

栗田

URL | [ 編集 ] 2008/04/05(土) 20:57:59

Andy Mckee、いいですね!
しかし、この奏法のギタリストがこんなに多いとは、驚きました。私も最近Parkerのフルアコを手に入れたのですが、ピックアップが付くようになったことも、演奏者が増えた理由かもしれませんね。

六尺

URL | [ 編集 ] 2008/04/05(土) 23:29:45

栗田様

Wow! 嗚呼!
羨ましいです~。しかしワタシはもうギターを買うのは「ヤメ!」と決めていまして(苦笑;キリないし)、可能な限り自分で作る、と。
それに、もっと弾く練習をしないと、と彼らの演奏なんかを見ると思います。なんというか、楽器へのコミットメントの度合いが違うと申しますか、ギターを一つ高い次元で扱っているように思えます。

>ピックアップが付くようになったことも

そのピックアップのクオリティも、あのような奏法の大きな要素なんだと思います。
SGを完成させていないのに(爆)、アコギを作りたくなってをります。

コンセプトとしては、
1.ヘッドレス
2.イングリッシュ・ギター(シターン系)由来のボディシェイプ
3.コンパクトな割に鳴る。
.........なんですが、そんなもんできるのか? いつ作るのよ? の世界でして(苦笑)。
まあ、どうせ作るなら、どこにもないものを作りたいものです。

栗田

URL | [ 編集 ] 2008/04/06(日) 00:33:52

昔、カテリーナ古楽合奏団が生まれる前、中心的な存在だった松本さんがチェンバロ職人のお兄さんと一緒に、近くに住んでいたことがありました。
そのときは多くの古楽器を演奏させていただき、シターンやサズ、リュートなど、製作中の楽器も拝見したことがあります。
私もそのころは楽器屋をしていたし、マジカルパワーで弟と一緒に民族楽器を100台くらい所有していたこともありました。
そのころ、実はエレキギターを4本くらい製作したことがあります。
作るのはたいへんでした。だから、演奏することに決めたのですが、この20年くらいは仕事に追われて時間がなく(生活の次元が違っていた)、じっくり楽器に触ることができませんでした。
昨年からは時間もでき、引き続けたい楽器を手元に残して、あとは整理している状況です。手元にいいアコギがなかったので、何本か処分して、入れ替わりにParkerがきたというわけです。練習しますよ、これからは。

六尺

URL | [ 編集 ] 2008/04/06(日) 01:08:58

もしかして、マジカルパワー再結成もあり、とかですか?
もしかしてそれは凄いことです。行きます!(早まり過ぎ?)
是非お願いします m(_ _)m

-

| [ 編集 ] 2012/04/02(月) 12:46:35

このコメントは管理者の承認待ちです











管理者にだけ表示を許可する
http://easyhiker.blog45.fc2.com/tb.php/6-d95547af
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。