スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

壮大な与太話なのか、それとも.......(いよいよですか?)

カテゴリー: Earth Watching

UKMilkHillSymbols063009Mallett2.jpg

この手の航空写真は、最近は頭から「どうせCGでしょ」と思うのが条件反射になってしまったクロップ・サークル(所謂ミステリー・サークル)だが、これはどうも話が凝り過ぎている。

6月21日から27日にかけて、イギリス南西部、ウイルトシャー州、アルトンプライアース近郊の麦畑に巨大なミステリーサークルが出現した。最初の日に中心となる三角形の部分が出現し、残りの部分は数日かけて完成したようである。
この形象の解読にアリゾナ州立大学の物理学者のマイク・リード博士と、匿名希望のオーストラリアの物理学者の2人が挑んだ。

.....中略)
これらの情報を総合して博士らは、このシンボルに込められたメッセージは、グリニッジ標準時間、2009年7月6日ないしは7日(日本時間、7日ないしは8日)に、コロナ質量噴出(CME)と呼ばれる太陽の巨大フレアが発生し、それが地球を直撃するという警告なのではないかと考えた。

このミステリーサークルの記事がアースファイルスに掲載されたのは7月2日である。その後7月5日、NASAの宇宙気象報告サイト、スペースウェザー、およびアースファイルズで、太陽に異変があり7月7日前後にコロナ質量噴射(CME)が実際に発生する可能性が高まったとの記事が掲載された。


このクロップ・サークルを航空写真ではなく、部分を至近距離から撮影した画像を見ると、かなり整然としており、厳密な設計図に基づいて作られているようだ。与太話にしてはスケールがデカ過ぎる。地球外生命体の作品とする方が無理がないと思われるがどうか。

だとすると........?

詳しくはこちらこちら
2009/07/09(木) 15:22 | trackback(0) | comment(0)

ローマ法王ベネディクト16世が、地球外生命体の存在を

カテゴリー: Earth Watching



11月14日、ローマ法王ベネディクト16世がバチカン宮殿のバルコニーから聴衆に対して行った声明が、スペインのテレビで放送された。

「神は(地球人の祖先)アダムとイブと共に地球外生命体を創造された。」

........って、敬虔なカトリックの方々にとってはかなりひっくり返りそうなアナウンスなんぢゃないだろうか、と思いますが、どうなんでしょう。

さらに法王は宇宙には無数の銀河系と惑星があり、地球以外に知的生命体が存在しないと考えることはできないと付け加えた.........とのこと。まぁ、その通りですが。
(カトリック教会とバチカン市国が地球外生命体の実在を認めた公式文書として記録されるそうです)

それにしても近頃UFO業界がかまびすしい。
これまで各国政府が隠蔽していた地球外生命体の情報を公開し始めているという報道もある。
従来「トンデモ」とされていたことが、「もしかして」→「常識」に変化していく兆しにも見えるが.......何か裏がある、かも???



24日(月)からCNNモーニングショーはホワイトハウスの新しいスタッフと政権移行チームのジョン・ポデスタ・元宇宙飛行士エドガー・ミッチェル、ダン・アクロイドたちと協力してUFO情報の公開を開始した。CNNモーニングショーはこれから1週間地球外生命体とスペースシップの特集を行う。

2008/11/25(火) 13:36 | trackback(0) | comment(0)

隕石(?)

カテゴリー: Earth Watching


カナダのエドモントンで撮影された隕石(?).......う~む、こんなふうに見えるのか。
かなりの大きさと明るさ。地表に達するまでに大方燃え尽きたのだろうか。
2008/11/23(日) 14:09 | trackback(0) | comment(0)

本日は「世界平和記念日」

カテゴリー: Earth Watching

ピクチャ3


1918年、初めての世界規模の戦争であった第一次世界大戦の終結日時として、ヨーロッパの多くの国では休日とされているとのこと(日本は参戦してないから知られていない)。
このことから、11月11日の11時11分を「虹の祈り」の時間として、日本から、時差で東の国へと、平和への祈りのバトンを渡していって地球を一周しよう、というムーブメントがあることを知った。
「想念」というのはエネルギーとも言えると思うので、数が集まれば、何か起こるやも知れず.....。

欧米のUFO系の人たちも同じような呼びかけをしていて、こちらは11月11日午後11時11分(グリニッチ時刻)に世界中で瞑想しよう、というもの。日本では12日午前8時11分になるのかな。

そこでGoogle Earthを見てみたら、ちょっと意味ありげな状態になっている。
昨今サラ・ペイリンでお馴染みのアラスカ辺りを頭とすると、ペイリンが「国」だと思っていたというアフリカ大陸の近くまで尾が伸びた「龍」のような形の雲(アラスカは位置的に「逆鱗」に触れているようにも見えて面白い).......。
多くの人の想念が収斂することで大気に描かれた壮大なアート........だとしたら美しい。
2008/11/11(火) 15:10 | trackback(0) | comment(0)

本日の地球(5)

カテゴリー: Earth Watching

081014.jpg

Earth Viewでは五角形、Goole Earth ではその5分の2くらいの台形。
何なんでしょうか。
2008/10/14(火) 13:31 | trackback(0) | comment(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。